第24回セキュリティ・安全管理総合展「SECURITY SHOW 2016」に美和ロック社が出展しました

securityshow

東京ビッグサイトで2016年3月7日から11日まで開催された「SECURITY SHOW 2016」に美和ロック株式会社(以下、美和ロック社)が出展しました。

セキュリティ機器関連各社は2020年夏に開かれる東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、大規模イベントや街中を監視する需要が高まると期待しており、製品やサービスの開発を進めているようです。

来場者の期待と関心も高いようで、昨年より約4,600名増加し、4日間で129,448人の来場があったそうです。

 

◆外出先からでも施解錠確認・操作できる「wiremo」

2016MIWAブース

美和ロック社のブースでは現在開発中の新製品「wiremo(ワイレモ)」の展示がされており、注目を集めていました。本製品はマンションの電気錠をスマートフォンで制御する最新のセキュリティシステムです。外出先から施錠確認と施錠操作ができて安心です。

2016MIWAブース_wiremo

空き巣被害の約4割がドアや窓のカギの閉め忘れと言われています。
wiremoのように施錠操作まではできませんが、お手軽に施錠確認ができる便利なアイテムがあります。
その名も「ChecKEY(チェッキー)」です。

 

◆施解錠を色で知らせる「ChecKEY」

カギを閉めると表示窓の色が確定して施錠確認ができます。
ChecKEYならカギを閉めたか、ひと目でわかる!

現在お使いのキーにChecKEYを取り付けるだけ。
カギ操作をすると表示窓の色が変わって施錠・解錠をお知らせします。
従来の操作感・施錠音に加え、これからは目でもカギの開け閉め状態がチェックできます。

お出かけの際にカギを閉めてきたかどうか、不安になったことはありませんか?戻って再度確認したり、外出中ずっと不安に思っていたり・・・

でもCheckeyなら!手元のキーをチェックするだけで施錠の確認ができます

ChecKEYの操作方法

表示窓の色は左回しで施錠の場合は橙、右回しで施錠の場合は白に切り替わります。

※ご使用のカギが左右どちらに回したときに施錠するタイプなのか、実際に操作してご確認ください。

表示窓の色は左回しで施錠の場合は橙、右回しで施錠の場合は白に切り替わります。

[左回しで施錠の場合]

  1. キーをカギ穴に挿入します。(少し押し込むようにしてください)
  2. キーを90度回して施錠・解錠操作をします。
    ※ご使用のカギによって逆回転の場合があります。
  3. キーを抜くと表示窓の色が確定して施錠・解錠操作完了をお知らせします。
cautionmark

ChecKEYの表示窓の状態は現在の施錠・解錠状態を保証するものではありません。

本製品は、ご使用になる方が直近に行ったキー操作履歴を表示するもので、扉の施錠・解錠状態を保証するものではありません。
例えば、玄関を操作した後に別の箇所(ごみ置き場等)を操作してしまうと、玄関の操作履歴はなくなってしまいますので十分ご注意ください。

ChecKEYを取付可能なキーの種類

U9/URキー(旧デザイン)U9/URキー(現行品)PR/PSキー

キーの持ち手部分のデザインが上記と同じキーのみChecKEYが取付可能です。

>> 詳細はこちら

cautionmark

MIWAの刻印が単独で入っているキーに限ります。
それ以外の文字(メーカー名等)が入っているキーには取り付けができませんのでご注意ください。

 

ChecKEYについてのご質問は美和ロック社サービス代行店の当店まで、お気軽にお問い合わせください。

2016年3月作成